一般社団法人設立、一般財団法人設立、公益法人設立のことなら行政書士法人WITHNESS。行政書士・司法書士・税理士がトータルサポート

HOME » 公益法人(社団・財団)の基礎知識 » 公益認定申請手続きに関して

公益認定申請手続きに関して

一般社団法人を設立し、公益社団法人の認定を目指す場合には、事務所所在地・事業活動の範囲に応じて内閣総理大臣又は都道府県知事に対して、必要書類を作成し、認定申請の手続きをしなければなりません。

公益認定申請に必要な書類一覧

  • 公益認定申請書
  • 定款
  • 事業計画書および収支予算書
  • 事業計画書および収支予算書に記載された予算の基礎となる事実を明らかにする書面
  • 事業に必要とされる許認可証
  • 財産目録
  • 貸借対照表及びその付属明細書
  • 公益目的事業を行う為に必要な経理的基礎を有することを証する書面
  • 役員報酬支給基準を証する書面
  • 登記事項証明書
  • 役員の氏名、住所、生年月日を記載した書面
  • 認定基準に適合することの説明書
  • 欠格事由に該当しないことの説明書
  • 納税証明書
  • その他行政庁が必要と認める書面

各法人の形態や規模、申請先行政庁により追加的に書類の提出を求められることもあります。

公益認定の申請先

1.内閣総理大臣
2つ以上の都道府県に事務所を設置する場合や、公益目的事業を2つ以上の都道府県の区域内にておいて行う旨を定款で定める場合や、国の事務又は事業と密接に関連する公益事業目的のある公益法人の場合。

2.事務所所在地の都道府県知事
上記1以外の場合

ご購入者様100名突破!自分でできる一般社団法人設立キット販売中

一般社団法人設立キット

穴埋め式ワードファイルになっていますので、 マニュアルに従ってご入力頂くだけで、一般の方でも簡単に完璧な書類が完成します。出来るだけ安く、簡単に一般社団法人設立手続きを終えたいとお考えの方は是非ご活用下さい。今だけ特別に一般社団法人基金キット(19,800円)もプレゼント中。

これまで一般の方100名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。→ 自分でできる一般社団法人設立キット

財団法人設立をお考えの方はこちら

一般財団法人設立キット 詳しくはこちら → 自分でできる一般財団法人設立キット

スポンサードリンク

Withnessの「一般社団法人設立サポートサービス」は日本全国対応※!

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

※上記の下線地域は、提携専門家による公益法人設立に対応しております。

Powered by 行政書士向けHP作成サービス/smart web lab