一般社団法人設立、一般財団法人設立、公益法人設立のことなら行政書士法人WITHNESS。行政書士・司法書士・税理士がトータルサポート

HOME » 新公益法人制度に関する良くあるご質問 » 今までの社団法人・財団法人はどうなりますか?

新公益法人制度に関するよくあるご質問(FAQ)

今までの社団法人・財団法人はどうなりますか?

平成25年11月30日までは、従来からの社団法人・財団法人は、一般社団法人・一般財団法人とみなされ取り合えず存続します。(存続はするものの、新しい一般社団法人・一般財団法人としての法人格移行の登記をしていないものは、「特例民法法人」と呼ばれます。)

特例民法法人は、平成25年11月30日までに公益性の認定又は一般社団法人・一般財団法人への移行認可申請を行う必要があり、この公益認定若しくは移行の認定を受けていない場合、移行期間満了の日をもって解散したものとみなされますので注意が必要です。

従来からの社団法人・財団法人を運営されている方は、早めにいずれかの移行申請手続きを取っておいた方が良いでしょう。

公益法人に関するご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

公益法人に関するよくあるご質問(FAQ)

ご購入者様100名突破!自分でできる一般社団法人設立キット販売中

一般社団法人設立キット

穴埋め式ワードファイルになっていますので、 マニュアルに従ってご入力頂くだけで、一般の方でも簡単に完璧な書類が完成します。出来るだけ安く、簡単に一般社団法人設立手続きを終えたいとお考えの方は是非ご活用下さい。今だけ特別に一般社団法人基金キット(19,800円)もプレゼント中。

これまで一般の方100名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。→ 自分でできる一般社団法人設立キット

財団法人設立をお考えの方はこちら

一般財団法人設立キット 詳しくはこちら → 自分でできる一般財団法人設立キット

スポンサードリンク

Withnessの「一般社団法人設立サポートサービス」は日本全国対応※!

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

※上記の下線地域は、提携専門家による公益法人設立に対応しております。

Powered by 行政書士向けHP作成サービス/smart web lab